script*KT*

2012/01/23

真夜中に

りん1歳と25日。
きのうの離乳食 昼食。
gd27401.jpg
中華丼、豆腐スープ、チーズ(取り分け

夕食は残りもののチキンライスと、ポテトサラダ。

中華丼は、味付け前に野菜を取り出して細かく切り、あんにしょうゆを少し入れた状態(りん用の味付け)であんを取り分けて混ぜ、軟飯にかけてあります。大人用の味付けは取り分けた後に。


風邪ひきさんのそら、夜中にまた「気持ち悪い〜」と体調悪化しないかとヒヤヒヤしていましたが、幸いそれはなく…、でも夜中2時に「お茶」とムックリ起き、それで私も起こされました。枕元に持ってきてあった水筒のお茶を飲むと、また布団の中にもぐって寝てしまいました。

ホッと子供たちの布団を掛けなおし、私もまた夢の中へ。

そして朝方4時。

「おかーさん、鼻血でた〜」

しかも両方から。私は隣のりんが起きると困るので(眠いだけ)、寝たままの体制で指示。彼女は自力で棚までティッシュを取りに行き、鼻を押さえ、鼻血を止めようとがんばっていました。

枕とパジャマに少し鼻血がついたらしいですが、なんとか止まって再び夢の中へ。よかった、あと2時間寝れる〜と思ってウトウトしていると、今度は「うわーん!」と突然の泣き声で現実に引き戻されました。

見ると、りんがベッドマットと壁の間の隙間(15cm)にスッポリはまっていました。真ん中で寝てたはずなのに、いつそらと入れ替わったのか…と不思議に思いながら、時計を見ると4:55。

起きるべきか、起きざるべきかと迷っているうちに、目が覚めたときはもう7:45でした。こんなに夜中起こされたのは、新生児のとき以来です。

時計を見た時点で、保育園休みを決定したのですが、起きてみるとそらがほぼ全快。「おなかすいた〜」と元気いっぱいなので、いつもよりだいぶ遅い時間でしたが、保育園に送っていきました。


と、気がつくと今度は私の体の調子がおかしい。喉がイガイガするし鼻水も止まらないし、体がダルいし鼓動も速め。まさに、静かにしてないと熱が出ます、という感じ。

のどの痛みは少しあったのですが、きのうの寝不足が追い討ちをかけたようです。結局、今日も缶詰デーとなりそう。あとはりんが発症しないよう、祈るだけです。

2012/01/22

そら回復

りん1歳と24日。
きのうの離乳食 昼食。
gd27301.jpg
焼そば、バナナ、チーズ(取り分け

夕食。
gd27302.jpg
オムライス、コンソメスープ、みかん(取り分け

焼そばは、野菜を炒め煮風に少しやわらかく炒め、少しだけソースで味付けした時点で取り分け。オムライスは、大人用ケチャップライスと白い軟飯を1:1でまぜています。卵は味付けなしです。

土曜から風邪ひきさんのそら。今日1日ゴロゴロ寝たきりですごし、ゼリーから少しずつ食べ物を食べられるようになりました。夕方にはほぼ回復したようで、ふつうにごはんを食べたりおやつを食べたり。ホッと一安心です。りんも、風邪がうつることもなくピンピンして遊んでいました。

北陸には珍しく快晴だった週末でしたが、家族そろって家の中に缶詰でした。
明日からはまた雪。元気に保育園に行けるでしょうか〜

2012/01/21

かぜです

りん1歳と23日。
きのうの離乳食 昼食。
gd27201.jpg
軟飯、豆腐と大根煮もの、野菜スープ

夕食。
gd27202.jpg
豚丼、サラダとトマト、味噌汁、みかん(取り分け

そらが風邪をひいたようです。
きのうの夜中に暑い〜と布団を蹴っ飛ばし、寝ぼけながら散々文句を言って寝入っていた彼女。朝方「気持ち悪い〜」と起こされました。

彼女の「気持ち悪い〜」はいつものこと。風邪をひくともれなく胃腸が弱って吐きまくるので、そのセリフを聞くと、私は「あぁまた1週間…」と覚悟を決めます。

お友達の家にお邪魔する予定もキャンセル。とりあえず今日1日絶食でがんばってください。

2012/01/20

号泣のわけ

りん1歳と22日。
きのうの離乳食 昼食。
gd27101.jpg
軟飯、ハンバーグといんげん、野菜スープ

夕食。
gd27102.jpg
軟飯、みかん、味噌汁、ポテトサラダと鶏肉(取り分け

昼食が前日のデジャヴのような気もしますが、その通りです。大人メニューを作るついでに、2、3食分作り置きしているので、同じメニューですがたまにはありということで。

夕食のポテトサラダは、マヨネーズを入れる前に取り分け(砂糖と酢は入っています)。鶏肉は、煮物の味が濃いので、水を加えてレンジで軽く煮、煮汁をすてて味を薄めています。


さて、最近の困りごと。
食洗機を使っていると、ボタン上の表示が光っているからか、りんがやってきてポチッと押します。彼が押すのは電源ボタンなので、食洗機がOFFになります。そして、彼は悪い顔をしてこちらを見ます。

gd27103.jpg

また、鬼の居ぬ間の仕事がひとつ増えました。


きのうは夜、そらの卒園式謝恩会に披露する歌の、リコーダー演奏を練習しました。というのも、今週末にピアノ担当のお母さんちにお邪魔して、合奏練習をするため。

そらも大好きな歌なので、当然彼女もテンション高く夫と一緒に歌に参加。伴奏のCDをかけながら、りんも混じって全員で練習していました。

2、3回練習したところで、突然そらがシクシクと泣き出しました。私は演奏中なので目で追いながら様子を見ていると、私の隣に来てクッションに突っ伏し、「うわーん、うわーん」とだんだん声も大きく大号泣状態に。

不思議に思いながらも演奏に集中していると、姉のそばに寄っていったりんも、そらのがうつって大号泣。私はリコーダー、夫は歌、子供たちは大号泣という状況。

曲が終わってから、とりあえずりんを落ち着かせ、そらにあれこれ理由を聞いていくと「感動したの?」でうなずきました。

おかしくてかわいくて、心も成長したな〜と感慨深い私。その横で、彼女はまだエンエン泣いていました。

成長したのはいいのですが、さて、本番は大丈夫でしょうか(歌うのは親だけど)。

2012/01/19

洗濯物

りん1歳と21日。
きのうの離乳食 昼食。
gd27001.jpg
軟飯、野菜スープ、ハンバーグといんげん

夕食。
gd27002.jpg
軟飯、みかん、野菜スープ、鶏肉炒めとペンネ(取り分け

1歳をすぎたりん、だんだん意志がはっきりしてきました。もともと性格は穏やかなようですが、今までは物に執着なくホワホワと遊んでいたのに、手にしたものをそらや私に取られると、全力で顔をしかめ、泣いて怒ります。その顔が大好きで、わざと取り上げて遊んでしまう母を許してください。

ここ2、3日、そらはソファにりんのブランケットを敷き、プーとなる幼児イスを階段に見立て、ソファが家のおうちごっこが佳境なご様子。設定は、そらが「お姉ちゃん」でりんが「私の子」。「お父さんとお母さんは死んじゃったの」だそうです。

きのうも、夜ごはん準備中ずっとおうちごっこをしていましたが、「今日はなんて忙しいの!」と多忙なようで、ふと見ると洗濯物をたたんでいました。

そもそも、私が乾いた洗濯物をソファにドカッと置いていたので、おうちが作れず、一番合理的な方法を思いついただけのようですが、あっという間に洗濯物が片付きました。

gd27003.jpg

いつも夫がやっているように(ほったらかしておくとたたんでくれる)、畳に並べるようにたたみ、ハンガーはハンガーでキレイにまとめていました。その後、「着るものチームと、はくものチームと…」とチームごとにまとめていて、いつもワーっと並べるだけの夫よりちょっとだけ優秀かも?と思ったり。

とにかく助かりました。
またソファにドカッと置いておいたら、毎日たたんでくれるでしょうか。

2012/01/18

すごい人

りん1歳と20日。
きのうの離乳食 昼食。
gd26901.jpg
軟飯、野菜と豆腐のトマト煮、チーズ

夕食。
gd26902.jpg
軟飯、野菜スープ、みかん、豆腐ハンバーグ、トマト(すべて取り分け

日に日にスプーン使いのスピードが増しているりん。食べたいおかずがあるときは、横から(餅つきの合いの手の要領で)ごはんをあげようとしても、それを手で払いのけておかずを口に運び続けています。そしてその運ぶペースも速い…。(やっぱり女の子とは違うのかしら)

さらに、ここ1、2日はスープ類は器ごともって飲むようになり、具も汁と一緒に飲んでしまおうとしている彼。具はちゃんとスプーンで食べてください。


せまいリビングにドーンとオープンキッチンがあるわが家。なので、毎日そらが料理をしている私を見て、「それ焼くの?煮るの?」など質問したり、包丁の使い方を見たり、そしてたまに手伝ってくれます。私自身、母親が料理をしているそばで宿題をしながら、自然と目に入る母の動きを見て料理を覚えたので、わが家の子供たちもそうなるといいな〜と思っています。

そらと料理の話をしていると、「塩って、四角い石みたいなこんなのからできるんでしょ?」と何やら手振り。四角い石?と思い「塩の結晶のこと??」と聞くと、なんとなく話がかみ合わない。

でも四角、四角と一生懸命言っているので、「あ、岩塩のことかな?削ってできるのもあるね。」と言うと、どうやら正解だったようです。塩田ならまだしも(見たことがあるので)、岩塩はなかなか日本人にはない(?)発想だと不思議に思っていると。

「そら、砂糖も何からできるか知ってるよ」とのこと。聞き返す間もなく「さとうきび!」と答えたので、「ものしりさんやね」と言うと、やっぱり絵本で読んだそうです。

Eテレもそうですが、ことわざやアイスクリームの起源など、絵本からいろんな知識を得て帰ってくる彼女。

「いろんなこと知っててすごいね〜」とちょっと大げさに褒めてみると、

「そらはすごくないよ。絵本書いた人の方がもっとすごいよ」

……

まったく、おっしゃるとおりです。

2012/01/17

ハコ入り息子

りん1歳と19日。
きのうの離乳食 昼食。
gd26801.jpg
軟飯、ネギ入り卵焼き、ほうれん草、豆腐味噌汁

夕食。
gd26802.jpg
軟飯、みかん、卵スープ、春巻きの具(取り分け

卵スープはお湯倍のばしでもおいしかったのか、器を左手に持って卵ごと一気飲みしていました。作り手としては感無量です。

私が夜ごはんを作っているとき、りんは姉そらと遊んでいる(遊ばれている)か、私の足元にやってきて、手拭タオルを引っ張って握り締め、その手の親指をチューチュー吸っています(腹ペコのため)。

あるいは、キッチンの背後にある食器棚をあけて、中にあるタッパや小瓶を出して遊んでいますが、最近は引き出しが開くことを発見したらしく、引き出しの中の乾物やふりかけなどもポイポイ出してじっくり眺めています。

きのう、料理中ふと後ろの足元を見ると、引き出しの中に入っていました。(ipod touchで撮影のため画質悪)

gd26803.jpg

最近は積み木を入れる手押し車の台にも入って落ち着いてるし、狭いところにお尻をはさんだりもするし、赤ちゃんの動きって、猫に似ています。

2012/01/16

染物屋さん

りん1歳と18日。
きのうの離乳食 昼食。
gd26701.jpg
野菜卵うどん、チーズ

夕食。
gd26702.jpg
軟飯、キャベツと玉ねぎの味噌汁、ひじきつくね(取り分け

りんのスプーン使いもだんだん安定してきて、7割方自分で食べてくれるようになり、食事の時間が格段にラクになりました。コップを置くときだけ、たまーにひっくり返すので気は抜けませんが。

お皿から落ちたおかずのかけらも、スプーンですくおうと奮闘している姿を見ると、なかなか根性あるかも?とちょっとだけ期待。


きのうは、そらが一昨日いとこにもらった絵の具&ペン&色鉛筆セットをさっそく開き、絵の具で絵を描いていました。保育園の卒園製作で習字を書いたこともあり、カラフルな色で自分の名前を書いてみたり、花マルを描いてみたり。

そしてこぼした絵の具や水をティッシュで拭いているうちに、描くのとは違う創作を思いついたようです。

何をしてるのかと思ったら…

gd26703.jpg

カラフルティッシュが大量生産されていました。

gd26704.jpg

その数10枚以上。
夫にもったいないと怒られながらも、その後お風呂で一緒に色のお勉強(混ぜたら何色になるとか)をしました。

今度はちゃんと和紙を探してきます。

2012/01/15

雪!雪!雪!

りん1歳と17日。
きのうは、親に招待されて私の姉妹と甥、姪大集合して、温泉&ぼたん鍋をいただいてきました。

で、その昼食。
gd26601.jpg

gd26602.jpg
ぼたん鍋と山の幸三昧

イノシシは豚に近いので、豚肉にとってもよく似ています。豚肉に、少しだけ獣の香りを足した感じですね。最後のうどんがおいしかった〜。

りんのごはんは、何飯と残りものの野菜を少しだけ詰めてもって行きました。これに、鍋から豆腐を拝借して一応豆腐定食に。

gd26603.jpg

夕食。遅くなったのでシンプルに。
gd26604.jpg
卵うどん、大根煮物、みかん

ぼたん鍋を食べに行ったのは、金沢から車で1時間ちょっとの山。前日一度雪が融けて、夜冷え込んで再び降り積もった朝だったので、山がきれいなきれいな雪景色。木の1本1本が白くお化粧されていて、そこに太陽の光が当たって、今まで見た雪景色で一番すばらしかったです。

あまりにすごくてきれいで、車の車窓からずーーーっとシャッターを切りっぱなしだった私。家に帰ると雪景色だけで150枚も撮っていました。

gd26607.jpg

gd26608.jpg

そしてそらはというと、温泉を楽しんだあとに外で雪遊び。家のあるまちなかではそこまで積もらないので、大喜びでソリを楽しんでいました。そんな姿を見ると、子供の頃よく遊んだのを思い出したり。大人になってからは、雪の量がすごく減っているのでなかなか遊ぶ機会がないのですが、たまにはスキー場にでも行って思いっきり雪と戯れたくなってきました。

gd26605.jpg
延々とソリ

gd26606.jpg
雪の上で大の字

きれいなものを見て、おいしいものを食べて、温泉で温まって、いとこ同士の交流もできて、満足な1日でした。


さて、前日の離乳食 昼食。
gd26501.jpg
シラスうどん、大根煮物

夕食。
gd26502.jpg
軟飯チャーハン風、豆腐スープ(取り分け)、みかん

チャーハン風は、大人用にチャーハンの具を炒めたところで(味付け前)少し取り分け、みじん切りにして軟飯に混ぜてあります。

2012/01/13

一大事

りん1歳と15日。
きのうの離乳食 昼食。
gd26401.jpg
軟飯、豆腐とベーコンスープ、ヨーグルト、キャベツのトマト煮

夕食。
gd26402.jpg
軟飯、味噌汁、みかん、おだまき蒸し、ほうれん草和えものと筑前煮のにんじんとアジ(取り分け

夕食がもりだくさんでしたが、この量ペロリと食べきりました。意欲的に自分でスプーンを使って食べてくれるので、同時進行で自分のごはんを食べられるようになりました。

たまにウンウン聞こえるな〜と思って隣のりんを見ると、なかなかすくえなくて格闘中だったり。細かいおかずのかけらひとつまで、キーッとならずに根気よくがんばっています。


そういえば一昨日、そらが保育園から帰ってきて私が夕食の準備をしている途中、そらがいきなり半泣きで告白を始めました。

「おトイレの透明のところ触ったら、なんかヘンなのになったよ…」

と涙ながらに訴える彼女。なんのことかとひとつずつ聞いていくと、「保育園のトイレに透明なボタンみたいなところがあって、そこをちょっとだけ触ってみたら、水がジャーっとではなくチョロチョロとしか流れなくなった。壊しちゃったかも。どうしよう」ということでした。

「怒られるから先生に言わんといて!」と泣きながら懇願する彼女。普段保育園では猫をかぶっているだけに、そんなに叱られるのが怖いのか…と、その必死な姿に複雑なものを感じつつ、さてどうしたものかと。

とりあえず、何がどうなったかわからないので、ピッとか鳴った?光った?とボタンが何かを探りましたが答えはNOでわからず。なんとなく彼女の勘違いのような気がしたので、明朝トイレに一緒に見に行って、もし壊れてたら一緒に先生に謝ろうねということにしました。


というわけで、きのうの朝は起きるなり「どうしよう、こわいよー」と緊張していたそら。早めに保育園に着くと、一緒に小走りでトイレへ。そらがおしっこついでにきのうやったことを再現してくれました。

ボタンの正体は、便座キャッチャーのブニブニしたゴム状のもの(なんていうんだろう)。

gd26403.jpg

その場でも必死だったそらですが、私は見た瞬間ホッとして笑ってしまいました。まだ便座に座ったままのそらにボタンじゃないよと説明すると、わかったようなわからないような表情。

とりあえずトイレが終わって水を流し、さらにすぐもう1回水を流し…「ほらね?」と、チョロチョロとしか流れないという現象を再現してくれました。

トイレが壊れたと思ったのは、タンクに水がたまらないうちに2回目を流したからと判明。思ったとおり彼女の勘違いだったので、私はスッキリ晴れやかでしたが、そらはいまいちピンとこないようでした。

それでも一応、「トイレは壊れてない、なんともない」といことで自分で納得したのか、苦笑しながら部屋へ行ったのでした。


そんな彼女、夕方迎えに行った帰り道も、夕食時も、「トイレ大丈夫やったん?」と何回も聞いていました。よっぽどショッキングだったのでしょうが、たしかにあのポッチは、大人でも触りたくなります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。